スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
エレキット 真空管アンプ 
記念すべき、初めての真空管アンプづくり。

休日の一日。試運転のスイッチを入れられたのは、夜10時すぎでした。
「音がでない!」
真空管アンプは点灯しているし、何も問題なそうなのに。。。

目を皿のようにして、説明書の配線図と見比べてみる。
スピーカーとつなぐ、出力のところ、一本間違えてました。

再度組み上げて、、、
「おおっ!」
来ました。
繊細な優しい音が、聴こえてきます。
いままでの普通のアンプとは別世界の柔らかさ。

いいですねえ。

それから、デジタルアンプに出会うまで、その音色にすっかり魅せられていました。
わずか3~4年前くらいの話です。

実は、このキットは出力が小さいので、多少不満がありました。
その後、300Bのキットを作って、大満足。底力のある、いい音を出してくれます。

真空管アンプ。
かなりの熱を発するし、高いし、消費電力多くてエコじゃないし、「なんでわざわざ」的に思っていたのですが、音を聞くと、納得。

いいです。
作るのも楽しいし、きっと慣れてくると改造もできますしね。
楽しみが広がります。

6BM8真空管ステレオパワーアンプ6BM8真空管ステレオパワーアンプ
()
エレキット

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[2009/11/24 13:02] | オーディオづくり | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<スリラー マイケル・ジャクソン | ホーム | Band-in-a-Box>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://korobanusakino.blog5.fc2.com/tb.php/184-ea8e0e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。